ページ内を移動するためのリンクです。

環境への取り組み

当社では、省資源性、省エネルギー性、リサイクル性を考慮した製品の開発やサービスの提供を意識して、環境負荷の少ない事業活動を目指しています。
特に、原材料の調達においては、森林の保護に努めることが紙製品メーカーとしての重要な責務であると認識し、違法伐採の排除および管理された森林からの木材利用、適正な再生紙資源の活用など、協力会社との連携により活動を推進しております。


環境マネジメントシステム

当社では、2000年にISO14001(環境マネジメントシステム)の認証を取得して以来掲げた環境目標を各部門に展開し、省資源、省エネルギー、廃棄物の削減など環境負荷の少ない事業活動の推進に努めています。
2017年度からは、国連サミットで採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」と当社の環境目標をリンクさせ、よりグローバルな視点で社会に貢献することを目指した取り組みを開始しています。


エシカルな製品開発

当社は、再生紙を利用した名刺用紙の販売を業界に先駆けて開始して以来、非木材紙、間伐材、森林認証紙といった環境性の高い原材料の利用を行ってきました。また、プラスチックやフィルムを使わない窓封筒や名刺箱といったリサイクル性の高い製品の開発などにも積極的に取り組んできました。
最近では、環境保護から一歩進んだ形での社会貢献も視野に入れた製品開発にも力を注いでいます。バナナペーパー(バナナの茎でできた紙)製品には、原産地の安定的な雇用の創出による経済発展への寄与(フェアトレード)という側面があり、東北コットン製品には、東日本大震災で発生した津波による塩害で稲作が困難になった農家の支援という特長があります。
当社は、環境のみならず人にも優しいエシカルな製品づくりに今後も積極的に取り組んでいきます。

持続可能な方法で生産し、消費する


施設における環境配慮

緑化活動(八王子の森工場)

当社 八王子の森工場では、山桜系30数品種、100本以上の桜を植樹しており、社員で日常管理を行っています。
この取り組みが工場緑化の推進と周辺地域の生活環境の向上に顕著な功績があったと評価され、2015年11月2日に一般財団法人 日本緑化センターが主催する「平成27年度緑化優良工場等表彰制度」において「日本緑化センター会長賞」を受賞しました。
将来は「山桜の丘」が地域の方々の憩いの場になることを願っています。

森林を管理し、生物多様性を守る


環境に配慮した建築材料の採用(東京支店)

2017年6月に新設された東京支店の建設において、鹿島建設株式会社が2016年に開発した環境配慮型コンクリート「エコクリートBLS®」を採用しました。
この「エコクリートBLS」は、品質やコストを維持しながら、製造時のCO2排出量を一般的なコンクリートより約25%削減するというものです。  

 

東京支店

その他事業活動での取り組み

「小さなことから取り組む」を合言葉に、社員一人ひとりが簡単に取り組めるエコ活動を推進しています。

節電対策 間引き照明の推進や昼休みの消灯などを実施しています。
またデマンドコントロールシステムの導入により空調の設定温
度を定め節電しています。
紙片のリサイクル 八王子の森工場では、常に原材料の効率的利用を心がけて生産
していますが、封筒の製造過程ではどうしても紙の切れ端(紙
片)が発生してしまいます。これを無駄なく効率的に回収・リ
サイクルするため、自動紙片回収装置を導入しています。
エコオフィス活動 各拠点内で不要な文房具類を回収し、必要な部署へ提供してい
ます。また、什器・備品についても現在どのような什器・備品
が社内に残っているのかがわかる「サクラマーケット」といっ
た社内グループウェアを活用した情報共有も行っています。