ページ内を移動するためのリンクです。

社名・ロゴについて

社名の由来

大正から昭和にかけて、名刺の台紙の銘柄には木や花の名前を用いる習慣があったことから、創業当初は「櫻名刺本舗」という商標を使用しておりました。一方現社名は、昭和23年の改組に際し、桜の中でもとりわけ日本的で、桜の中の桜といわれ、本居宣長の歌「しき嶋の やまとごゝろを 人とはゞ 朝日にゝほふ 山ざくら花」でも知られる「山櫻」を採用いたしました。

コーポレートロゴについて

デザインコンセプト

旧字体の「櫻」を生かしつつ、現代的に単純化した造形をシルバーで表現し、コーポレートカラーの『さくら色』をシンプルな正方形で添えました。 この2つのコンセプトは、伝統に立脚しつつ、次の時代に踏み出してゆく「新しい山櫻」のブランドイメージを表現しています。

『さくら色』の四角

「さくら色の四角」は山櫻を生ける「花器」。その形を「名刺」や「封筒」に見立てています。「名刺」や「封筒」は、そこに情報を印刷したり中に物を入れたりして使います。花器は生けられる花が主役ですが、花をより美しくみせるのも花器です。当社もお客様にとって、そんな花器のようでありたいと言う思いも「さくら色の四角」に込めています。