ページ内を移動するためのリンクです。

働くすがた



私の役割

― 仕事内容について教えてください。

主に支店と物流センターを結ぶ社内便の運行管理をしています。
各支店の先のお客様を意識し、1日3便の社内便が確実に製品を積載し、定刻どおりに物流センターを出発することを目標として、業務にあたっています。
また物流センターとして、支店の返品の受付や支店在庫のサイクル管理など、在庫管理も担当しています。

必要な知識やスキル

― 今の仕事をするうえでどのような知識やスキルが必要だと思いますか?またどのように身につけましたか?

入社当初は、封筒の種類と各処理の締切り時間を覚えることに時間がかかりました。1年目は価格表と管理表を見ながら早く覚えられるように努力しました。
さらに現在の業務をこなすうえでは、支店の位置関係を理解し、物流センターから各拠点までどれくらいの時間がかかるのか把握できることが大切だと思います。業務の合間に高速道路図を見たり、地図を見たりして、走行するルート、時間を覚えていきました。
また、日々出荷される製品の荷姿を観察し、出荷製品一覧を見て、ある程度の物量を想定できる能力を身につけられるよう努めています。

やりがい

― 力を入れて取り組んだ仕事のエピソードを教えてください。

システムを利用した出荷確定業務をドライバーに行ってもらうため、資料作成から教育まで担当したことは、大きな達成感を得られたミッションでした。
普段あまりパソコンを使用しない方に、どうやったら業務の必要性や操作方法を理解してもらえるかを考えながら、ポイントを絞って説明するように心がけました。
ドライバーにとってシステムを使った業務は慣れないものでしたが、3か月ほど見守りながら指導した結果、スムーズに確定業務を行えるようになりました。

― 仕事で活かせていること、大事にしていることはなんですか?

私の最後まで粘り強く取り組む姿勢は、業務で活かせているのかなと感じます。通常業務はもちろん、通常業務以外の取り組むべき課題に対しても、納得できるまで考え、分析し、自分なりの意見をもつようにしています。


挑戦したいこと

― 今後の課題について教えてください。

社内便がある程度運用として確立されているため、今以上の配送の適正化、効率化につながる大きな提案がまだできていません。日々の実績データを活かし、輸送コスト、リードタイムを考慮した、現在よりもさらに適正な運送ルートを提案したいです。
また社内便を担当しているからか、社員から物流センターに対する課題点、意見をもらうことが多くあります。社内から多くの意見を集められるのも間接部門の利点だと思うので、意見を一つでも多く吸い上げ、よりよい物流センターを目指したいと思います。それが、最終的に山櫻社内の業務効率化につながると信じています。

個人的には、業務で数値データを資料にまとめ、集計、分析することが多いため、正確な数値を算出し、資料をスピーディーに作成できるよう、Excel活用力にさらに磨きをかけたいと思います。


ある一日のスケジュール

8:50 出社、メールチェック、返品の対応、本社メール便締め作業
11:00 支店便の締め作業、物量の確認
12:00 昼食(社内)
13:00 支店便の締め作業、物量の確認
15:00 発送便送り状チェック
16:00 資料作成、本社メール便締め作業
17:00 資料作成
18:00 退社


休日の過ごし方

― 休日はどんな風に過ごしていますか?

なるべく外に出て、友人と食事に行ったり買い物したり、都内で気になる場所を見つけて出かけることが多いです。



  • ※掲載内容は取材時点のものです。

働くすがた

社員の仕事内容、やりがいなどについて紹介しています。