ページ内を移動するためのリンクです。

働くすがた



私の役割

― 仕事内容について教えてください。

五反田支店の営業として、世田谷区を中心に、目黒区、大田区、渋谷区、港区の印刷会社、デザイン会社、広告代理店、紙代理店、印章店などのお客様、約100社を担当しています。基本的にルート営業ですが、一人二人でやっている町の印刷屋さんから、数百人規模の会社まで、顧客層は幅広いです。

主な仕事内容は、名刺・封筒などの紙製品に関する営業活動、配達、手配、見積りです。訪問先まで車で移動し、新製品や提案製品の案内をしたり、封筒印刷や特注の封筒製作など、加工が必要な案件の打合せをしたりします。また私の場合、注文していただいた製品をお客様に納品する配達業務も兼任しているので、訪問数は1日20件ほどになります。手配や見積りは帰社後に行っています。

必要な知識

― 今の仕事をするうえでどういった知識やスキルが必要だと思いますか?またどのように身につけましたか?

必要な知識は、製品知識や印刷、DTP(※)、封筒の製袋(※)、紙の知識など、挙げればきりがないほどたくさんあります。

でも第一に必要なのはやる気だと思っています。やる気があれば、興味が湧き、おのずと学び、知識となって身になる。「知識は後からついてくる」というのが持論です。そうして知識が蓄積されてくると自信にもつながり、よい営業パーソンになれると思っています。

入社して10年ほどになりますが、得られる知識は尽きません。よりよい姿を目指して、私もまだまだ発展途上です。

  •  ※DTP...「デスクトップ・パブリッシング」の略。原稿の作成やレイアウトなど、コンピューターで印刷用のデータつくる作業のこと。
    ※製袋...紙を型抜きしたり貼り加工をしたりして、封筒の形をつくる工程のこと。

やりがい

― 仕事で苦労したことはありますか?どのようにそれを乗り越えましたか?

正直に言うと、朝起きて出社するのもひと苦労ですし、毎日が苦労です(笑)。価格、品質、納期の調整、お客様、協力会社の方とのやり取り、私にとっては全てが闘いです。

また限られた時間の中で、いかに効率よく仕事を回していくかというのは、長年の課題です。以前は自宅から歩いて15分ほどの支店に勤務していましたが、5年前から、電車を乗り継ぎ1時間半ほどかかる今の五反田支店に配属になりました。夜は自宅でゆっくりすごしたい私は、異動の際、当時の支店長に「毎日定時で帰ります」と宣言しました。

その宣言を実現するため、前任から担当顧客を引き継いだ当初は、それまで午前、午後の2回だった配達を1日1回に減らすなど、大幅に見直しを行いました。もちろんお客様が困らない範囲でということにはなりますが、営業活動や配達などでお客様を回りながら、自分に合ったコース、ローテーションを開拓していき、朝は早いですが、定時に退社するという今のスタイルを確立しました。


― 力を入れて取り組んだ仕事のエピソードを教えてください。

これは、という特定の案件はあまりありませんが、誰もが知っている有名なキャラクター関連の封筒や、ある雑誌の付録にするレター封筒・ポチ袋の製作のご注文をいただいたことがあり、自分が手掛けたそれらの製品を、実際に街中で手に取ったときはとても嬉しかったですね。


― 仕事で活かせていること、大事にしていることはなんですか?

実は入社当初は専任の配達ドライバーだったのですが、あるとき支店長から声をかけてもらい営業職に就きました。それまで配達ドライバーとしてお客様と接する中で、納期や価格の相談を受けることがよくありましたが、最終的に決定するのは営業だったので、すぐに応えられないもどかしさがありました。その決断を下せる立場というのは、自分に合っていると思いますし、明るく前向きな姿勢や優先順位を決める判断力は活かせていると思います。

健康あっての仕事ですから、特に睡眠は大事にしています。健康管理は社会人として当たり前ですが、風邪を理由に休んで周りに迷惑をかけるのは絶対に嫌なので健康第一で過ごしています。

お客様との関係においては、パートナーという立場にたてるよう意識しています。私はできるだけお客様と近い距離感を保ちたいタイプなので、もちろん最低限のマナーは守りますが、親しみをもってコミュニケーションをとっています。元気すぎてうるさいと言われることもありますが(笑)、こうした日頃の関係性があることで、難しい納期や価格のご相談があった際に、お断りしたり代替案を提示したりしても納得していただけるのだと思います。

また、周りに流されない、というのは私のモットーです。むやみに慣習に従うのではなく、よい変化を起こしていける、いい意味で「型破り」な存在でありたいです。


挑戦したいこと

― 今後の課題について教えてください。

現在は早朝出社がルーティンになっているので、出社時間を遅らせても定時で退社できるよう、もっともっと効率よく売上げを上げる方法を模索していきたいと思います。


ある一日のスケジュール

8:00 出社、メールチェック
8:30 外出 配達・営業(配達メイン)
11:00 帰社 手配・見積もり業務
12:00 昼食(社外にて)
13:00 外出 配達・営業(打合せ、サンプル持参など営業活動メイン)
16:00 帰社 手配・見積もり業務、翌日の軽い準備
17:30 退社


休日の過ごし方

― 休日はどんな風に過ごしていますか?

買い物、ドライブ、カラオケなど、とにかく遊ぶことでリフレッシュしています。
海や紅葉、スノーボード、温泉、花見など、四季を堪能するのも心の癒しですし、現実逃避で大好きな夢の国へ遊びに行くこともあります。



  • ※掲載内容は取材時点のものです。

働くすがた

社員の仕事内容、やりがいなどについて紹介しています。