ページ内を移動するためのリンクです。

futo lab

「futo lab」とは?

「futo lab」は、2010年に創業80周年を記念して誕生しました。女性だけで結成された「封筒研究所」の所員が、封筒についてあれこれ考え、封筒の隠れた魅力を発見し、新たな価値を吹き込んだ商品を、サクラテラス限定で販売しています。

futo labの商品には、工場からどうしても出てしまう出荷できない封筒...メーカーならではの悩みをほんの少しだけでも解消しようと生まれた「手づくり文房具のキットシリーズ」や、封筒の用紙の特性を活かして誕生した封筒が作れるノートパッド「Futo Pad」があります。

Futo Padは、職人さんが一冊一冊丁寧につくった特別製本版は、サクラテラスと山櫻ネットストアの限定販売となっていますが、スタンダード版は、山櫻のセカンドブランド「+lab」からも発売されています。

客員研究員:宇田川一美さん/Kazumi Udagawa

雑貨デザイナー、イラストレーター。2010年8月にサクラテラスにて「封筒でつくる紙雑貨」展、ワークショップ「おうち封筒で暑中お見舞いをつくろう」を行う。展示期間中に販売した、封筒でつくる手づくり文房具キットのコラボレーション企画をきっかけに、封筒研究所の客員研究員となる。著書に『手づくり文房具』、『気持ちを伝える手づくり文房具』(池田書店)、『封筒でつくる手づくり文房具』(東京地図出版)などがある。