ページ内を移動するためのリンクです。

小さな博物館

名刺と紙製品の博物館

サクラテラスは「名刺と紙製品の博物館 〜SAKURA TERRACE〜」として、東京都墨田区の「小さな博物館」に認定されています。この「小さな博物館」は、墨田区の事業として1985年(昭和60)に始まった「すみだ3M運動」のひとつで、区を象徴する産業と文化に関する貴重なコレクションを展示・公開し、産業のPRに役立てる運動です。

サクラテラスでは、山櫻が創業した昭和6年からの取り扱い製品である名刺の製造工程や歴史の紹介、古い名刺箱や活版印刷機(手きん)の展示など、紙製品にかかわる様々なことを知ることのできる常設展やイベントなどを開催する、『もの・こと・こころが出会う場所』としてこの運動に参加しています。

常設展「55×91が出会いをつなぐ~山櫻の名刺ができるまで~」は、創業以来、人と人、企業と企業、様々なものの出会いをつないできた当社の名刺や名刺箱へのこだわりを製造工程とともにご紹介しています。

また、昭和20~30年頃に使われていた名刺製作のための道具や歴史ある名刺のレプリカを展示しています。なかには来館した方のみが見られる特別な名刺や、なかなか見る事のできない貴重な名刺などもあります。さらには、歴史や語源など名刺に関する豆知識や女性の名刺の変遷もご紹介しています。

名刺ができるまでを紹介した展示

昭和初期から現代までの名刺箱の変遷の展示

名刺の製造に関わる古い機械の展示


ミュージアムショップ

好きなものを好きな分だけ「yoridori meishi(よりどり名刺)」

「yoridori meishi(よりどり名刺)」は、103種類の55×91mm(4号名刺)の紙を、好きな種類を好きな数だけ組み合わせてご購入いただける名刺です。当社製品の定番をはじめパーソナルユース向けのカラー名刺や切り絵名刺などもあります。

また、サクラテラス限定の個性豊かな名刺も取り揃えています。紙の凹凸があるものや、質にこだわった素材感のある紙、色彩豊かな紙、ビビットな色が特長のトレーシングペーパー、一枚ずつ手で漉かれた和紙などなど、名刺に限らずメッセージカードとしてもお使いいただけます。

129


mottainai meishi~もったいない名刺~ / mottainai futo~もったいない封筒~

製品としては問題ないのに、箱が破損するなどして出荷できなくなった名刺や封筒、半端な枚数のもの、サンプルなどを詰め放題として提供しています。

名刺はメッセージカードやメモ用紙として、 封筒は手づくりアイテムやラッピングの材料としてもお使いいただけます。


サクラテラス限定「葛飾北斎グッズ」「花びらのしおり」

2018年サクラテラス10周年記念の際、社内公募から誕生した「葛飾北斎はがき」と「葛飾北斎レターセット」をサクラテラス限定で販売しています。 北斎美術館様からお借りした北斎漫画の図版を元にデザインしました。葛飾北斎ファンにも海外の方にも喜ばれる商品です。

また同じく社内公募から誕生した「花びらのしおり」をご来館いただいた方にプレゼントしています。墨田区を象徴する相撲や隅田川をモチーフにしたデザイン4種をあしらった読書を彩るしおりです。 数量限定のため無くなり次第終了とさせていただきますので、どうぞお早めにご来館ください。

葛飾北斎はがき

葛飾北斎レターセット

花びらのしおり