ページ内を移動するためのリンクです。

セレクト・アイテム

伝書紙

書いて伝えるための紙。 言わば、言葉を載せる器。

一筆箋としてメッセージを相手に伝えたり、自分に伝えるメモとしても使えます。
「伝書紙」は、書くことで完成する紙です。


書いて伝えるための紙

伝書紙は、相手に伝えるための一筆箋として、自分に伝えるためのメモとして使える17.2×8.6㎝の紙です。

一筆箋に

相手に伝える一筆箋として。

メモに

自分に伝えるメモとして。


言わば、言葉を載せる器

個性的な紙を使って、そこに施した罫線などのデザインはエンボスなどで控えめに表現しました。それは、書いた言葉が映えるように。相手に、自分に、伝えたいことばが主役となり、ことばが載ることで「伝書紙」は完成します。

no.1 さくらCoC

「さくらCoC025」は、山櫻オリジナルの名刺の紙です。平滑度が高く角の直角がキッチリでていること、ヨレにくくするための密度(コシ)の高さが特徴です。

no.2 ダンデレードCoC

「ダンデレードCoC」は便箋やノートなどに使われる紙です。ダンディマシンという機械を使ってつくった、欧米の紙ではスタンダードなレイド(透かし)が入った、日本製のステーショナリー用紙。どことなく和な雰囲気もただよいます。

no.3 淡クリームキンマリ

「淡クリームキンマリ」は手帳などに使われる紙です。優れた印刷適正と高い不透明度が特徴のため書籍にも適しています。ベーシックなクリーム色が目にやさしく、やわらかい印象です。

no.4 トモエリバーマット

「トモエリバー マット」は辞典などに使われる紙です。分厚くて重いものを コンパクトにする薄くて軽いところが特徴。薄いのに裏抜けしにくくコシの強い丈夫な紙で約款などにも適しています。

no.5 紀州再生上質

「紀州再生上質」は古紙パルプが70%以上配合されているため、ランダムに古紙の破片が含まれた、グリーン購入法適合の紙です。

no.6 ダイヤバルキー

「ダイヤバルキー」は絵本や図録などに使われる紙です。ラフな風合いでありながら印刷のインキが均一に着き、深みのある印刷ができることから塗り絵やコミックなどにも使われます。

no.7 HS画王

「HS画王」はスケッチブックなどに使われる紙です。 ふわっとしたラフな風合いとやさしい手触りで、めくりやすいことから絵本やコミックにも使われています。

no.8 白夜

「白夜(びゃくや)」は日めくりやデパートの包装紙などに使われる、薄く強度のある紙です。艶面とザラ面があり筆記具との相性の違いがはっきりした紙です。


ステーショナリーディレクターの土橋正氏と一緒につくりました

伝書紙は、ステーショナリーディレクターの土橋 正(つちはし ただし)氏をディレクターに迎えて企画した商品です。

【プロフィール】
土橋 正(つちはし ただし)
ステーショナリー ディレクター

文具の展示会「ISOT」の事務局を経て、土橋正事務所を設立。文具の商品プロデュース、PRのコンサルティング、文具売り場のディレクションを行っている。文具ウェブマガジン「pen-info」では、文具コラムをはじめ、海外の文具展示会レポートなど様々な情報を発信している。新聞、雑誌などの文具特集にも多数参画。日本経済新聞社 新製品評価委員。オールアバウトのステーショナリーガイド。http://allabout.co.jp/gm/gt/1654/

■著書:「暮らしの文房具」玄光社、「仕事文具」東洋経済新報社、「モノが少ないと快適に働ける」東洋経済新報社、「文具上手」東京書籍、「文具の流儀 ロングセラーとなりえた哲学」東京書籍、「仕事にすぐ効く 魔法の文房具」東京書籍、「やっぱり欲しい文房具」技術評論社。
■共著:「ステーショナリー ハック!」マガジンハウス、絵本「文房具のやすみじかん」 福音館書店


伝書紙誕生STORY

伝書紙が誕生するまでの話しを、
企画の段階を+labから、実際に商品をつくっていく過程を土橋氏に語っていただきました。

5周年の節目に企画

伝書紙のメインターゲットは男性です、+labのメインターゲットは女性です。(誤解のないように付け加えると、伝書紙は男性用の文具ではなく、男性も違和感なく使えるシンプルなデザインを目指した文具です。)

男性をターゲットとしたことは、5周年の記念にというわけではなく、実はブランド立ち上げ当初から、どこかのタイミングで男性にも手に取ってもらえる文具をつくりたいと考えていました。また、5周年の節目にふさわしい商品の企画をと考えたとき、改めて"文具"と"+lab"について考えてみました。
 "文具" って? "+lab" って? と。

+labが初めて発売した商品は、phocadoとmemowrapです。このふたつの商品は、相手に伝え贈ったり、自分に伝えたりするための商品です。伝えることは、+labブランドをつくるひとつの柱であり、書く道具と書かれる道具は、文具の王道にあるものです。そんな原点を見つめ直すような商品を生み出せたらと考え「伝書紙」が誕生しました。


書いて伝えるための紙。言わば、言葉を載せる器。

伝書紙を表現するためのことばを、ディレクターとしてご一緒した土橋氏から受け取りました。
意図せず、+labの母体となる山櫻のロゴマークのコンセプトと重なりました。

山櫻のロゴマークのさくら色の四角は、山櫻を生ける花瓶。
その形は情報を印刷してはじめて完成する、名刺や封筒に見立てています。花瓶は生けられた花が主役であり、それをより美しくみせるものでもあります。さくら色には、山櫻もお客様にとってそんな花瓶のようでありたいという思いがこめられています。

伝書紙もまた、書くことで完成する紙であり、書いた言葉が映えるようにデザインされている、言わば、言葉を載せる器なのです。そんなところも5周年の節目にふさわしい商品が誕生したと感じています。



伝書紙STORY


気になる方はこちら

+lab製品に関するお問い合わせ。
電話でのお問い合わせは、

03-5543-6327まで

ご購入をご検討の方はこちら

山櫻のオンラインショップをご利用ください。