タンザニア産オーガニックコットン

タンザニアコットン

オーガニックコットンを使用して持続可能な農業を支援

私たちは、「bioRe(ビオリ)プロジェクト」から生まれたタンザニア産オーガニックコットンの落ち綿と、森林認証パルプを原料に生産された紙を使った製品をつくりました。オーガニックコットンとは農薬や化学肥料を使用せずに有機農業で栽培された綿花です。有機農業は環境負荷を抑えるだけでなく、農家の自立支援や児童労働の禁止、フェアトレードなど包括的なアプローチで持続可能な農業の実現を目的として、全プロセスで第三者認証機関に検査・認証されています。

bioReプロジェクトとは

「bioReプロジェクト」は、スイスのREMEI社が中心となり、1991年からインド、1994年からタンザニアで始められました。このプロジェクトの特徴は、単にオーガニックコットンを買い取るだけではなく、この地域で暮らす人々が自立していくための様々な仕組みを構築している点です。現在では、インドとタンザニアで6,000軒以上の契約農家を抱え、世界で最も大規模かつ、先進的なプロジェクトとして知られています。2002年には、南アフリカ共和国のヨハネスブルグで開かれた第2回世界環境サミットにて、国連から「持続可能な開発パートナーシップ賞」を受賞しました。

bioReプロジェクトの詳細はこちら

bioReプロジェクト

私たちのタンザニアコットン商品

「タンザニアコットンCoC」は、FSC®認証パルプと「bioReプロジェクト」から生まれた、タンザニア産オーガニックコットンの落ち綿を原料にしています。

タンザニアコットンCoC
名刺 タンザニアコットンCoC

自然な白色と、コットンのやわらかい風合いが高級感を演出します。

この製品で貢献できる
SDGsの目標
1 貧困をなくそう
2 飢餓をゼロに
3 すべての人に健康と福祉を
4 質の高い教育をみんなに
10 人や国の不平等をなくそう
12 つくる責任つかう責任
15 陸の豊かさも守ろう
Page Top