SAKURA CUBE サクラキューブ / 新木場物流センター

サクラキューブ

単なる物流センターではなく、完成のない「Sakura Cube」

私たちは、お客様からの納品スピードに対する要求度が益々高まる中、物流のスピードアップとその効率化を図るため、新木場に物流センターを建設いたしました。『Sakura Cube(サクラキューブ)』と名付け、2005年9月20日より業務を開始しています。
『Sakura』は、山櫻のさくら、『Cube』は、箱の様なこの建物の形状を表し、皆様にも覚えていただき親しみを持って呼んでいただけるようにと考えています。

このセンターは単なる物流センターではなく、お客様のニーズにお応えし、そして弊社が更に成長していくためのシンボルタワーとして捉えています。『Sakura Cube』は、単なる仕事の場にとどまることなく、情報交換の場、社交の場、そして山櫻のアイデンティティを示す企業創造の場として完成なく弛まなく創り続けること、成長し続けることの可能な空間づくりを目指しています。

山櫻 サクラキューブ
山櫻 サクラキューブ
山櫻 サクラキューブ
山櫻 サクラキューブ
山櫻 サクラキューブ
山櫻 サクラキューブ

ライト・スピーディー・フレキシブルな建物づくり

今日では、あらゆる局面に情報技術が関わり、情報環境や機器を継続的に更新していくことは、変化に乗り遅れないための重要な手段となっています。『Sakura Cube』の建屋環境は、カジュアルで気持ちの良いインテリアと情報技術にフレキシブルに対応が可能な建物づくりになっています。

  • 正面ゲート
    正面ゲート
  • イノベーションルーム(多目的ルーム)
    イノベーションルーム(多目的ルーム)
  • 庫内・搬送用エレベーター
    庫内・搬送用エレベーター

パッシブな省エネ環境づくり

ウォーターフロントの光や風環境を活かし、適材適所に自然採光・自然換気をコントロールしながら、有効的に自然エネルギーを利用するための開口部を設けました。また敷地外周部には、将来大きくなる植栽を植え、新木場地区の景観に寄与するとともに、夏場においては灌水により樹木の葉の蒸散作用による気化熱効果(外気温を下げる)や強風時の防風対策としています。

  • 風環境を活かした風力発電
    風環境を活かした風力発電
  • 屋上に設けられた緑化スペース
    屋上に設けられた緑化スペース
  • 敷地外周部の植栽
    敷地外周部の植栽

SAKURA CUBE サクラキューブ

〒136-0082
東京都江東区新木場3-3-8MAP
TEL 03-5534-7451(代) / FAX 03-5534-7452

SAKURA CUBE サクラキューブ

働くすがた

課題は物流コスト削減。
育休明けに感じた
働く喜び。
佐藤 有希 ロジスティックス部門
物流統括グループ 物流管理チーム
Page Top