グリーン電力製品

グリーン電力製品

グリーン電力とは

グリーン電力は、太陽光・風力・水力・バイオマス・地熱などの「再生可能エネルギー」から発電される、環境にやさしい電力のことです。地球温暖化の主な原因となるCO2を排出しないので、持続可能なエネルギーとして注目されています。

グリーン電力マーク

グリーン電力証書システム

山櫻がお届けするグリーン電力製品の流れは下記の図のようなイメージとなります。

グリーン電力証書システム

どのように紙の生産でグリーン電力を使用しているのか?

グリーン電力は、「電気そのものの価値」の他に、省エネルギーやCO2排出抑制といった付加価値を持った電力と言えます。これを「環境付加価値」と呼んでいます。

左の図の「環境付加価値」を電力と切り離して「グリーン電力証書」という形で山櫻が購入し、紙の生産に使用している電気と組み合わせることで、グリーン電力を使用しているとみなしています。

なぜ今、温暖化対策が必要なのか?

①気温の上昇

近年の気候変動は温暖化による影響が大きく、今のままではさらなる気温上昇などの問題が予測されています。こうした現状から、2015年に採択されたパリ協定では、温室効果ガス削減に関する国際的な取り決めが行われ、国ごとに「温室効果ガス削減・抑制目標」を立てることとなりました。温暖化対策は、今や世界共通の目標であり、一人ひとりが取り組むべき課題でもあるのです。

気温の上昇
日本の取り組み
②日本の取り組み

日本は2030年までに再生可能エネルギーによる発電を全体の22~24%にすることを目標に掲げています。石油・石炭など化石燃料由来のエネルギーはCO2を多く排出しますが、再生可能エネルギー由来の「グリーン電力」はCO2を排出しません。省エネルギーと並んで、再生可能エネルギーは温暖化対策の重要な柱となっています。

私たちのグリーン電力製品

名刺 さくらCoC
名刺 さくらCoC

この紙は、100%(104,000kwh)太陽光発電によるグリーン電力で生産しています。

この製品で貢献できるSDGsの目標
7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに
13 気候変動に具体的な対策を
Page Top