施設や社員の取り組み

緑化活動(八王子の森工場)

植樹

八王子の森工場では、山桜系39品種、138本の桜を工場の敷地内に植樹しており、社員で日常管理を行っています。この取り組みが工場緑化の推進と周辺地域の生活環境の向上に顕著な功績があったと評価され、2015年11月2日に一般財団法人 日本緑化センターが主催する「平成27年度緑化優良工場等表彰制度」において「日本緑化センター会長賞」を受賞しました。
将来は「山桜の丘」が地域の方々の憩いの場になることを願っています。

このトピックに関連するSDGsの目標
15 陸の豊かさも守ろう

環境に配慮した建築材料の採用

東京支店
東京支店
中野支店
中野支店
五反田支店
五反田支店

温暖化防止への取り組みのひとつとして、東京支店建設の際に環境配慮型コンクリート「エコクリート®BLS」を採用しました。
「エコクリート®BLS」は、品質やコストを維持しながら、製造時のCO2排出量を一般的なコンクリートより約25%削減するというものです。
また、省エネ・節電効果、熱中症対策等が期待できる断熱セラミック塗材「ガイナ」を、中野支店及び五反田支店の社屋外壁に施工しました。「ガイナ」は宇宙ロケット開発技術を応用した製品で、平成29年度省エネ大賞において審査委員会特別賞を受賞しています。

このトピックに関連するSDGsの目標
9 産業と技術革新の基盤をつくろう 11 住み続けられるまちづくりを

その他事業活動での取り組み

「小さなことから取り組む」を合言葉に、社員一人ひとりが簡単に取り組めるエコ活動を推進しています。

節電対策

各拠点照明器具のLED化を順次進めています。従来の水銀灯や蛍光灯をLED化することで、大幅な電力削減効果を上げています。また、デマンドコントロールシステムの導入により、空調の設定温度を定め節電しています。

節電対策
紙片のリサイクル

八王子の森工場では、常に原材料の効率的利用を心がけて生産していますが、封筒の製造過程ではどうしても紙の切れ端(紙片)が発生してしまいます。これを無駄なく効率的に回収・リサイクルするため、自動紙片回収装置を導入しています。

紙片のリサイクル
エコオフィス活動

各拠点内で不要になった文房具類を回収し、必要な部署へ提供しています。また、什器・備品についても現在どのような什器・備品が社内に残っているのかがわかる「サクラマーケット」といった社内グループウェアを活用した情報共有も行っています。

エコオフィス活動
このトピックに関連するSDGsの目標
12 つくる責任つかう責任 13 気候変動に具体的な対策を
Page Top